AAP-SH30AとAAP-SH20Aの違いを比較!どっちがおすすめ?

 

AAP-SH30AとAAP-SH20Aはどちらも高性能フィルターを採用した加湿空気清浄機で、加湿器と空気清浄機の1台2役です。

 

AAP-SH30AとAAP-SH20Aの違いは適応床面積、寸法、風量、消費電力、運転音などがありました。

 

適用床面積がより広く、より高性能な加湿清浄機を求めている方はAAP-SH30A、なるべく価格を抑えたい人、コンパクトさを重視したい、消費電力を抑えたい方はAAP-SH20Aがおすすめです。

 

本文ではAAP-SH30AとAAP-SH20Aの違いを詳しくご紹介しますね。

 

▼広い部屋でも対応できるAAP-SH30Aはこちら

 

▼コンパクトなAAP-SH20Aはこちら

 

AAP-SH30AとAAP-SH20Aの違いを比較!

 

AAP-SH30AとAAP-SH20Aは、アイリスオーヤマが高性能フィルターを搭載した加湿空気清浄機です。

アイリスオーヤマ の加湿空気清浄機 AAP-SH30AとAAP-SH20Aの違いを比較します。

 

AAP-SH30AとAAP-SH20Aの違いは全部で5点ありました。

①適応床面積
②寸法と質量
③風量
④消費電力
⑤運転音

 

詳しく比較していきますので、参考にしてくださいね。

 

▼広い部屋でも対応できるAAP-SH30Aはこちら

 

▼コンパクトなAAP-SH20Aはこちら

 

適応床面積

 

アイリスオーヤマの 加湿空気清浄機AAP-SH30AとAAP-SH20Aの適応床面積を表にまとめると

 

  AAP-SH30AAAP-SH20A
空気清浄 (加湿なし)  16畳  10畳
加湿空気青淨  8畳  7畳
プレハブ洋室(加湿あり)  8畳  7畳
木造和室 (加湿あり)   5畳        4畳

 

AAP-SH30Aは最大16畳 AAP-SH20Aは最大10畳です。

広めのリビングに置きたい方はAAP-SH30Aがよいと思いますし、場所を取りたくない方はAAP-SH20Aでも十分だと思います。

 

寸法と質量

 

  AAP-SH30AAAP-SH20A
寸法直径23.8×57cm直径21×45cm
質量4.3kg3kg

 

▼AAP-SH30Aのサイズはこちら

 

 

↑↑ 公式サイト

 

▼AAP-SH20Aのサイズはこちら

 

↑↑ 公式サイト

 

AAP-SH20AはAAP-SH30Aよりも小さく、その分重さも軽いです。なので色んなお部屋に移動させて使う予定の方は気軽に持ち運びができるAAP-SH20Aの方が使いやすいかもしれないですね。

 

風量

 

加湿空気清浄機空気清浄機(加湿なし)
AAP-SH30A弱0.2 中0.5/0.4 強1.5弱0.5/0.4 中1.4/1.3 強3.1/2.9
AAP-SH20A弱0.2/0.4 中0.4/0.8 強1.5弱0.5 中1.2/1.0 強2.1

 

AAP-SH30AはAAP-SH20Aより床面積が大きいので、AAP-SH30Aの方がAAP-SH20Aよりも中・強モードでの風量が大きくなっています。

 

消費電力

 

AAP-SH20とはAAP-SH30Aの各モードでの消費電力

 

AAP-SH20A       AAP-SH30AAAP-SH20A           AAP-SH30A
運転モード(50/60Hz)         加湿空気清浄機              空気清浄機
6 /7                  6 /75/6                           6/7
18/2                   18/2110/12                       18/21
44/55                  44/5523/28                        44/55

 

AAP-SH30AはAAP-SH20A よりも消費電力が大きくなっていますので、電気代はAAP-SH30Aの方がAAP-SH20Aより少し高くなります。

でも電力消費電力に差はありますがそこまで大きく電気代がかわるわけではないのでそんなに気にしなくても大丈夫だと思います。

 

運転音

AAP-SH20AとAAP-SH30Aは、それぞれの風量モードで以下のような運転音を発します。

運転モードAAP-SH20A (dB)AAP-SH30A (dB)
加湿機能あり弱20 中34 強47弱18 中26 強47
加湿機能なし弱22 中36 強49弱21 中34 強49

 

強モードでは同じですが、中・弱モードでは空気清浄時AAP-SH30Aの方が、AAP-SH20Aよりも静音です。

AAP-SH20Aの方がコンパクトなので音もそれなりにAAP-SH30Aよりも小さいと思いましたが、そうでもありませんでした。

音に関してはそんなに違いはないです。

 

 

AP-SH30Aの詳細はこちら

 

AAP-SH20Aの詳細はこちら

 

AAP-SH20AとAAP-SH30Aの比較一覧表

 

AAP-SH20AとAAP-SH30A違いを一覧表にまとめました。

AAP-SH20AAAP-SH30A
適用範囲約10畳約16畳
寸法直径21cm×高さ45cm 直径23.8×高さ57cm
重さ約3kg約4.3k
風量(m³/分)0.2~2.10.2~3.1
消費電力(W)5~286~44
運転音(db)20~4918~49
大きな違いは見られませんでしたが、消費電力ではやはりAAP-SH30Aの方が大きく適応範囲も広いです。
空気清浄能力がパワフルな方がいい方はAAP-SH30Aの方がいいですね。

 

▼AAP-SH30Aの詳細はこちら

 

▼AAP-SH20Aの詳細はこちら

 

AAP-SH30AとAAP-SH20Aの共通の特徴

 

AAP-SH30AとはAAP-SH20Aの共通の特徴は全部で5つあります。

 

・気化式加湿器と空気清浄機の1台2役。

・高性能フィルターが搭載。

・風量モードは「弱」「中」「強」の3段階。

・おすみおやモード搭載

・外出時や就寝時に便利な切タイマー付き。

 

気化式加湿器と空気清浄機の1台2役。

 

空気清浄機単体での運転も可能です。

 

加湿器と空気清浄機を別々に置くのに対し、省スペースで済む点もメリットですね。

 

高性能フィルターが搭載。

 

 

特殊帯電技術採用の高性能フィルターです。

集じん脱臭フィルターで空気をきれいにしてくれます。

 

風量モードは「弱」「中」「強」の3段階。

 

 

風量を強・中・弱の3段階で切り替えできます。

 

おやすみモード搭載

 

おやすみモードでは風量「弱」になり、おやすみランプが減光します。

おやすみモード搭載でライトが消えるので就寝の邪魔になりません。

 

 

外出時や就寝時に便利な切タイマー付き。

 

4hと8hに設定できます。

 

切タイマーがついているので、外出時に切り忘れを防ぐこともできますね!

 

AAP-SH30Aの詳細はこちら

 

AAP-SH20Aの詳細はこちら

AAP-SH30Aがオススメな人

<公式サイト>

 

リビングと和室がつながっていてお部屋全体的に空気清浄機として使いたい方やリビングが16畳と広い方で使いたい方はAAP-SH30Aがおすすめです。

 

▼AAP-SH30Aの詳細はこちら

 

AAP-SH20Aがオススメな人

<公式サイト>

AAP-SH20Aの方はそこまで広さがないリビングや寝室で使いたい方にもピッタリのサイズ感です。また、あまり置き場所がなくてコンパクトに使いたい方にもおすすめです。

AAP-SH20Aの方がAAP-SH30Aより価格が安いので、なるべく価格を抑えたい人、適用範囲約10畳でコンパクトさを重視したい、消費電力を抑えたい方はAAP-SH20Aがおすすめです。

 

▼AAP-SH20Aの詳細はこちら

AAP-SH30AとAAP-SH20Aの違いを比較!どっちがおすすめ?

 

AAP-SH30AとAAP-SH20Aの違いを比較しました。

AAP-SH30AとAAP-SH20Aの違いは全部で5点ありました。

①適応床面積
②寸法と質量
③風量
④消費電力
⑤運転音

 

AAP-SH20Aは寸法や質量が小さめでコンパクトで場所を取られず、消費電力を抑えられ少しでも電気代が安い方がいい方、価格を重視される方におすすめです。

適用床面積がより広い方がいい方、より高性能な加湿空気清浄器を探している方にはAAP-SH30Aがおすすめです。

 

▼AAP-SH30Aの詳細はこちら

 

▼AAP-SH20Aの詳細はこちら

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました